スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアについて

私が好きな作品2位に挙げたこの作品、1位に挙げる人も多いのではないでしょうか?
実際にガンダム史上屈指の名作に仕上がっていると思います。


 


私がこの作品が好きな理由は以下の通りです。

・ファーストから始まったアムロとシャアの因縁についに決着。
・その戦いが初の劇場版完全オリジナルクオリティで実現。
・ついに!ガンダムにファンネルが!
・ファーストに立ち返ったシンプルかつセンスあるMSデザイン。
・そのMSが繰り広げる大迫力の戦闘シーン。
・隕石落しを巡るロンドベル、ネオジオンの壮大かつ緊迫した攻防戦。
・人類の未来を感じさせるエンディング。
・それらの内容を映画としては標準的な尺の中で上手くまとめている。

とにもかくにも、ファーストからのガンダムの歴史に一区切りをつける作品、ということでこの作品の存在意義は大きいと思いますし、
何より、当時最新クオリティの映像美は現在の視聴にも十分堪えうると思います。

何より、初めてファンネルを装備したνガンダム、シャア専用機のサザビーを始め、出てくるMSのカッコイイこと、アクションシーンの燃えることといったら...
特に終盤戦のνガンダムとサザビーの一騎打ちは歴代ダンダムバトルシーン最高といって良いでしょう。


なお、この作品を劇場版の傑作たらしめた大きな理由のひとつに、
この作品がアムロとシャアの因縁の”決着”を描いているところにあると思います。
それは、クライマックスとして盛り上がるという意味だけではなく、
短い尺の中で、説明調、説明不足(もしくは説明を省いて時間を稼ぎたい)な部分を、これまでのシリーズを見てきている観客の脳内補完によって補うことが出来る、ということなのです。

「何でこんなものを地球に落とす!?」から始まる説明台詞の数々も、2人のこれまでの戦いを知っている観客にとっては一瞬で理解できるもの(が多い)となっていると私は思います。

この点が、”始まり”を劇場版で描くことで失敗してしまったガンダムF91と対照的な部分です。(このくだりはファンダムF91について書く際に、もう一度触れたいと思います)

ちなみに賛否両論らしいTMネットワークの主題歌ですが、私はありだと思います。
特に予告編を見ると、流れている映像と合わせてかなり燃えるものがありますよ。

最後に、ネットでもいくつか書かれている、燃え尽きるアクシズから何か光のようなものが離れていっていないか?という点ですが、私も何かが見えるような気がします。
他のMSは弾き飛ばされてしまった後ですので、やはりアムロかシャアなのでは、と思いたくなってしまいます。
うがった見方ですが、続編に繋げられる可能性を残しておいたんだけど、F91が失敗してしまったのでお蔵入りになってしまった(本作を最終決着とした)ということがあったんでしょうか...

えー、好きゆえに色々長々と書いてしまいましたが、ファーストから続く”正史”と呼ばれるシリーズが好きな人なら必見の本作、
ブルーレイ版もリリースされたことですので、未見の方は是非、過去に見ている方ももう一度見て頂きたいですね。
私は何度見てもやっぱりよく出来ているな、と思ってしまいます。

絶対のオススメ作品です。
スポンサーサイト

theme : ガンダム
genre : アニメ・コミック

tag : 機動戦士ガンダム ガンダム 逆襲のシャア

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめアイテム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログランキング参加中
以下をクリックして頂けると幸いですm(_)m
にほんブログ村 アニメブログへ
人気ブログランキング ブログ王

ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。