スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムビルドファイターズ 〜 進撃の「アイラたん」!! そしてチョマー散る 第11話感想(3)

ガンダムビルドファイターズ第11話 Bパート後半感想。


荒野をメテオホッパーで疾走するフェニーチェの前に、MS部隊が急襲!


そして、ここでまさかのザクタンク登場!


これで世界大会をどう勝ち抜くつもりだったのか!?
という「ツッコミ待ちスタンバイOK」っぷりもさることながら、


更にまさかの、ジンネマンなパイロット!

ガンダム本編のシリアスキャラを、容赦無くギャグシーンにぶち込んで来ます!


そんなジンネマンなザクタンクに指揮されて、「ここで優勝候補の一角を崩すんだ!」とばかりに1機に集団で襲いかかる、
確かに有効ではあるが、余りにゲスな、その発想。


ツッコミどころが多過ぎて、一体何処から手を付けていいのか分からない、そのシュールな絵面が醸し出す雰囲気はもう、
本作お約束の展開!「私にも(以下略)」確定!


やっちゃってください!フェリーニさん!!(笑)



チュドーーーーンッッ!!



メテオホッパーがぶっ放したビームカノンで一網打尽、消し飛びました。

エネルギーバックのイジェクト描写もあいまって、メテオホッパーの引き立て役、大変ご苦労様でした!(苦笑)



そしてここで「このスマートな戦いっぷり、キララちゃん、見てくれたかな?」と、一人ごちるフェリーニ

以前の感想で、キララに対し「フェリーニとお幸せに」と茶化しましたが、
フェリーニの方は満更でもないのか?



そんな事は露知らぬ、キララ。


何かの気配に気付き、「上からっ!?」と叫ぶ!

その反応速度は、アイドルとはいえ、さすがはパイロットを務めるだけの事はあるか!?



ここで、フェニーチェに対し、無数の爆弾が投下!

危うく撃墜されるところだったフェリーニが、「何処のどいつだ!?」と辺りを見回すと、
巨大な何かが接近する気配、、、!



異様な空気と威圧を纏いながら、その姿を現したのは、、、、


なんと!

掟破りの、ガウ戦闘空母!!(MSでなくてもイイんかい!?)



トンデモない、そのサイズは、

「それ作るの大変だったろ?」と、フェリーニが焦りながらも皮肉る程の、圧倒的な存在感!

ゲンガオゾを随伴して飛行するその姿は、空の王者のごとき威容を見せます!



そしてパイロットは、、、


あのライナー・チョマー!!


悲痛なBGMと共に語られる、「貴様を倒すため、全てをこれに費やした」という、彼とフェリーニの宿命とは、、、




一年前の、、、
フェリーニによる彼女のNTR!!!



ズコーーッ!!

もとい、何という悲劇!
ガンダム紳士にあるまじき、フェリーニの、その所業!


何が許せないと言えば、

「あれは、あの娘の方から俺に言い寄って来たんだぞ!」と、心の底から本気で言っているところ!(これぞ正に、下衆の極み!)


「ウソだーーっ!」と叫ぶチョマー、だがしかし、事実はそうなのだろうと、視聴者だけでなく、彼も本当は気付いているのでしょう。


女も悪いが、断らないフェリーニが、やっぱり悪い!!

「俺は、来る者は拒まない主義なんだよ!」とか、ふざけんな!!



本ッ当に、イケメンの奴等は!


人の彼女であろうと、何だろうと!

女が自分になびくのがこの世の摂理、自然の流れだと、信じて疑っちゃあいないんだ!


何かあっても、それは女の方から誘って来たと!


自分に非があるなどとは!

産まれてこの方、一度たりとも!

1ミリたりとも、思ったりする事は無いんだよっっ!

そして、そんな鬼畜な発想の持ち主ほど、何故かモテる、血の輪廻!!





、、、、、、駆逐してやるっ!!


イケメンどもを、、、この世からっ!!


一匹残らずっっっ!!!


(※当ブログは、明るく楽しいガンダムブログを目指しています)




ここで、ガウに格納されていた、
同じくフェリーニに彼女を奪われた、NTR部隊、五車星が出陣!

脅威のNT部隊に、"R"を加えただけで、迸る悲壮感が止まらない!!


そして、本作へのF91シーブック機登場の望みを断つ、ここでまさかの、同話ビギナ投入!(絶望MAX)



、、、12月にHGUC F91出るんだよね?

だったら、もう少しくらい優遇したって、バチは当たらないんじゃないのかい!?

もしかしたら、分身とヴェスバー新規映像化の最後のチャンスだったかもしれないのに、、、




、、、、、、、、、、、、、、、




これもみんな、フェリーニのせいだ、、、!

奴を倒さなければ、死んでも死にきれるもんじゃないっ、、、!!(完全に八つ当たり)



フェリーニへの積年の恨みと、私の怒り(八つ当たり)を晴らすべく、
NTR五車星+ゲンガオゾが怒りの突撃!


ここで、"炎"のヴァサーゴCBがトリプルメガソニック砲を撃とうとしたその時、何者かの狙撃で撃墜!


「兄さん!?」

と驚く"風"のアシュタロンまでもが、続けて堕ちる!


「フロスト兄弟オマージュ」と、「兄弟揃ってNTR」を重ねてくるという、スタッフ陣の余りに無慈悲な計らいに、(笑いで)溢れ出る涙を止める事が出来ない!



「何だ!?何処から!?」

と、慌てて見回すチョマーをよそに、
よりにもよって、憎きフェリーニに"海"のビギナが堕とされる!(絶望V-MAX)

そして、ゲンガオゾまでも!



ここで、物凄くカッコイイ演出で、スタービルドストライク登場!



待つんだ、レイジ

こいつには、君が「アンタとは、サシで勝負着けたいんでね!」とかいうような価値なんて、これっぽっちもないんだ!

哀戦士達の邪魔はやめてくれないか!


それに、「フッ、言ってくれるぜ」とかカッコつけてんじゃねーぞコラ、フェリーニ!(最早、完全にヒール扱い)



しかし、五車星も、このままでは終わらない!


"雲"のエピオンが、その脅威の機動力と、変幻自在の攻撃で、"ラオウ"ビルドストライクに挑む!


そして、"山"のバンディットが、ワイヤーでフェニーチェを拘束!
ここから先へは行かせん!!




後は、トドメを刺すところまでフェニーチェを追い込んだ、チョマーとNTR五車星。


「このまま押しつぶしてやる!」と、ここで特攻を開始するチョマー



、、、いいんだな、チョマー

このまま爆弾投下で確実に爆殺出来るものを、
わざわざ特攻するという事は、よしんばフェニーチェを圧殺出来たとして、
自身もまた、墜落炎上を免れないが、それも覚悟の上なんだな?(気付いてないとか、ないな?)



よし!

お前の覚悟、しかと受け止めた!

征けっ!チョマー!
勝利の栄光を君にっっ!!



ここで、バルカンでワイヤーを切断、遂にバスターライフルをその手にしたフェニーチェが、山のバンディットを撃破!(フドウーーッ!!)


返しざまに、バスターライフルをガウに放つも、
何とここで、ビームが弾かれる!


「俺のガウを舐めるな!」と吼えるチョマー!

この質量ならば、Iフィールドか!?


そして、ビルドストライクも"雲"のエピオンが完璧に足留め!


これはイケるぞ、チョマー!

堕ちろ!フェリーニ!!(飛んでいるのはチョマーの方です)



バスターライフルを撃ち尽くし、万策尽きたフェニーチェ。


さらば、フェリーニ!

あの世で、己の愚行を悔いるがいい!(本作は、熱く楽しいガンプラバトルアニメです)






ズキューーーーーーーンッ!!!




ここでまさかの、ガウを貫く一撃!!!


驚愕する、フェリーニ、セイ、レイジ



そして、、、、

チーーーン、なチョマー(合掌)



「ウソだーーーーーーっっ!?」
の断末魔と共に、ガウが墜落、炎上。

それに気を取られた"雲"のエピオンまでもが、"ラオウ"ビルドストライクの一撃に沈む、、、(ジュウザーーーッ!!)



狙撃の主は、スタービルドストライクを追って大気圏に突入した、X魔王

フェニーチェのバスターライフルさえ通さなかったガウの装甲を、アッサリと貫通したのは、さすがのサテライトキャノンではありますが、、、、


マオ君、、、

こいつは君が(以下略)、、、



そして、ここで響く、巨大な足音。


その怨念をもって、ガウの仇、フェニーチェを踏み潰しに来たか!?

遂に、陸戦のビグザムがっ!!



、、、ではなく、超巨大なザク出現!


これは、、、
「アイラたん」だけでなく、MS戦までをも「進撃」に絡めてくるというのか、スタッフ陣!





最後に。


今回のタイトルは、「ロワイヤル」。


バトルと絡めれば、それは「乱戦からの勝ち抜き戦」を意味し、


単独で用いれば、「王族」「高貴な」を意味します。



会長の「なぜあの方が、この世界に!?」の台詞に呼び覚まされる、忌まわしい記憶。


ユウキ先輩との熱いバトルを経て、セイの真のパートナーとなった、レイジ


最初は全く興味を示さなかったガンプラバトルに対する、昨今のその熱い言動に、
完全に忘却の彼方となっていた「第1話でのテレポート」「異世界の王子」というキーワード。



「ロワイヤル」というキーワードに、二つの意味を込めて来たというのか、、、スタッフ陣。


「純粋なガンプラバトル」を阻害する要因を極端に嫌う私にとって、

「プラフスキー粒子にまつわる闇の組織や特権的な強さ」と並んで危機感を募らせていた、「異世界」というフレーズ。


プラフスキー粒子に関する不安を煽って、煽って、吹き飛ばし、

今度は、ヒロインズの萌えや、カワグチ&チョマーの笑いで油断させてからの異世界ネタで、私を恐怖のドン底に突き落とそうというのか、スタッフ陣!?




再び、

私の心が、ざわめき立ちます。




ガンダムビルドファイターズ 第11話感想

おわり
関連記事

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

tag : ガンダムビルドファイターズ第11話 ガンダムビルドファイターズ フェリーニ フェニーチェ チョマー X魔王 レイジ ガンダム

comment

Secret

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめアイテム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログランキング参加中
以下をクリックして頂けると幸いですm(_)m
にほんブログ村 アニメブログへ
人気ブログランキング ブログ王

ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。