スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムビルドファイターズ 〜 友として、好敵手(とも)として。 閃光のマオ君 な 第17話感想(1)

出会いは、

噂を聞きつけたマオ君が、セイの家へ押し掛けてからの、想像バトル。


レイジがパイロットである前提と、

ラルさんの勝負預かりで、決着つかず。


しかし、

その力量は、パイロットとしても、モデラーとしても、マオ君が一歩先を行く。



その後は、

幾度となく、共に戦いをくぐり抜ける。


友であり、好敵手(とも)であった。




そして、


想像の翼を得て、高みへと舞い上がるセイ。


ユウキ先輩、フェリーニとの死闘を経て、真のファイターとして覚醒するレイジ。



フェニーチェとビルドストライクの繰り広げる死闘を目の当たりにし、

好敵手(とも)が、強敵となった瞬間を確信する、マオ君。



引き締める表情、

その視線の先に見据えるものは、、、




そして、


互いに最初から分かっていた、

「いつか」。




今、決着の刻、来たる。








ガンダムビルドファイターズ 第17話感想その1。







野球勝負、レースを経てからのフェリーニ戦の流れを見れば、

これ以上の説明は不要。



待っているのは、紛うこと無き、死闘。

瞬きすらも許されないでしょう。




無粋ながら、

事前に、戦いの行方を予想してみます。



レイジとセイが勝つためには、


何はなくとも、

あのハイパーサテライトキャノンを、どうにかしなければいけない。


マイクロウェーブも不要の、脅威のメカニズム。



ここはフェリーニよろしく、

開始と同時に懐に飛び込んで、サーベルなりで破壊すべきでしょう。


これまでの描写では、チャージ有無に依らず、

機動力では、ビルドストライクが上回る印象。


理屈から追えば、この戦法が有力か。




しかし、

マオ君も、それは百も承知。


簡単にはやらせないでしょう。



しかも、この3人の性格を考えると、


ハイパーサテライトキャノンとディスチャージ射撃モード、

真正面から撃ち合うことも、十分にあり得る。



その場合、


マオ君が、チャージ完了を待つ展開となるが、


彼にとって、ハイパーサテライトキャノンは矜恃のはず。

待っても不思議はない。


レイジとセイも、今の彼らなら受けて立つのではないか。



敗れれば、破損どころではない、

爆散消滅必至の選択。



背筋が凍る展開だが、

彼らならむしろ、こちらを選んでも不思議はない気もする。





、、、ここまで。




幾ら考えても、

待っているのは、タダでは済まない死闘以外に無し。


後は、一視聴者として見守るのみ、です。






オープニングパート。





マオ君が、その類い稀なるセンスで組み上げたSガンダム


私としては、初のセルアニメーションでの目撃となる、感無量のそのバトルシーンとともに、

彼が歩んで来た道程が語られます。




心形流。



彼の心の有り様を、

今話、どのように映し出すか。





チナちゃんの語り出しによって告げられる、決勝トーナメントの朝。



各ファイター達が、各々、その闘志を高める中、



セイとレイジは、、、、、




寝坊していた!!!




若さ故の過ちを、二度も繰り返したね!?


こんなに残念な事はない!!




そして、

2人を叩き起こす、ママンのクローズアップシーン、、、



またしても揺れず!!




一度ならず、二度までも!!


何やってんの、スタッフ陣!!!



貴重なママンのクローズアップシーンは(もうやめれ)



、、、と思っていたら、



その後の、2人を覗き込む更なるクローズアップシーン!そして!!




揺らしたね!?


二度も揺らした!!!



こんなに嬉しいことはない!!!!




この光景を目の当たりにし、

私も、今話が神回となった瞬間を確信!!!!!(おい)





シーンは変わり、


ニュータイプとなった人類は、いずれ時間だって支配出来るようになるというのに、、、


という、

セイの、以外に言い得て妙、な泣き言とともに、慌てて会場入りする2人。



同じく慌てて対戦表を見ようとする2人に、


マオ君が、自身が次の対戦者であることを告げます。



互いに、

「いつか」が「遂に」となった瞬間を確信。



引き締まるその表情は、

冒頭の、軽いギャグモードの終了を、視聴者に告げます。




フェリーニとの戦いが、

世代を超えて、真っ直ぐに燃え上がる炎の如くのバトルであるならば、


マオ君との戦いは、

ニュージェネレーションズ、溢れる若さと情熱が、駆け抜ける疾風の如くのそれとなるか。




視聴する私のテンションも、

ここで一段、そのギアを上げます。




つづく




クリックして頂けると幸いですm(_)m

にほんブログ村 アニメブログへ
関連記事

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

tag : ガンダムビルドファイターズ第17話 ガンダムビルドファイターズ マオ X魔王 チナ ママン ガンダム

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガンダムビルドファイターズ 第17話「心の形」

ガンダムビルドファイターズの第17話を見ました。 第17話 心の形 世界大会の決勝トーナメントが始まり、セイと レイジはマオと戦うこととなる。 マオはフェリーニと互角以上の戦いをしたスタービルドストライクに脅威を感じており、どうしても勝ちたいと思い詰めたマオはガンプラ心形流造形術の珍庵師匠の元へ向かい、新たな奥義を授けて欲しいと願い出る。 「いつまでそこにおる気や?...

comment

Secret

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめアイテム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログランキング参加中
以下をクリックして頂けると幸いですm(_)m
にほんブログ村 アニメブログへ
人気ブログランキング ブログ王

ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。