スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムビルドファイターズ 〜 戦士の輝き 再び。 な 第20話感想(2)

こんな騒ぎで集中を乱されてはかなわない。



相棒のフェニーチェと共に部屋を出て、


ロビーに降りたフェリーニ





其処でラルさんと出会う。






ホテルを出る道すがら、



言葉を交わす二人。






前回世界大会優勝者、


カルロス・カイザーを破り、




世界大会でも無敗神話を続ける


アイラとの対戦。





「勝算は?」



ラルさんが問い掛ける。






「中々に、高い壁です」



「無くても見つけますよ」



軽やかに答えるフェリーニ






強敵。


厳しい戦いになる。





そんな事は、


口が裂けても言わない。




イタリアの伊達男の心意気。







しかし。





その言葉は、



この戦いが厳しいものになる事を、



如実に示していました。







無くても見つける。




則ち。




勝算がない。






此れまで、



殆どの敵を瞬殺してきたパピヨン。





かつてギュネイが偶然、



見えない攻撃が、



透明なファンネルである可能性を示して見せたが、




其処まで。








手の内が見えない。







放つオーラは、



レナート兄弟の其れに近い。






この世界に、



ニュータイプの概念はない。





しかし。





フラナ機関は確かに、



「強化」と言っていた。





其れが、


体力トレーニングを指すのでなければ。





まだ、何かがある。



その可能性が高い。






どう考えても、



見えないファンネルは、



奥の手ではない。






第一手ですら、



この有様。







嫌な空気がまとわりつく。








「準決勝で、あいつらが待ってる」



「予選での引き分け」



「その決着をつけねぇとな」







再び彼らと合間見えるため。






己に誓うかの如く、



言葉にする。







「戦果を期待しているよ」


健闘を祈る、ラルさん。





「青い巨星の異名を持つラル大尉にそう言ってもらえると」


「心強いですよ」



そう応え、


バイクで走り去るフェリーニ




敬礼で見送るラルさん。






そう。




何とも頼もしい限りの、



フェリーニの言葉のやり取り。





なのに。





この、




不安を煽るBGMは何なんだ、、、










ガンダムビルドファイターズ 第20話


「裏切りのアイラ」感想その2。











方や、チームネメシス。




無敗神話に驕り、


油断してくれていれば。





そんな一抹の期待は、



文字通り、



泡の如く消え失せた。






フェニーチェの火力と機動力。



サポートメカ。



フェリーニの技量。






油断無く調べ上げ、



強敵と断ずる。






しかし。





アイラの心は、



この戦いよりも、




勝って次に対戦する、



レイジの事ばかりにとらわれていた。







、、、、、、、、、、、、、、、、








シーンは変わり、




再び差し込まれる、



穏やかな日常。





準決勝進出のセイについて。



同級生として、


チナちゃんにインタビューが行われていた。





キララがインタビュアーとなっているが、



これは、、、



かつてチョマーに晒し者にされた腹いせに、



チナちゃんを、


公開処刑しているようにしか見えないのは、



私の考えすぎか?






このインタビュー。




内容に依らず、


何故チナちゃんがここにいるのか。



新学期早々に、


話題沸騰になる事は間違いなし。





モジモジしたチナちゃんの、



其の愛らしい姿を見る事が出来た、


視聴者の喜びと引き換えに。




彼女の背負わされた十字架は、


あまりにも、


重い。



チナちゃん頑張って!ウン!

(ガッツポーズとともに)






普段のセイの事を聞かれ、




「授業中、よく」


「隠れてガンプラのアイデアスケッチを書いてます」



答えるチナちゃん。




「それは教育上、良くありませんねぇ」



苦笑するキララ





「いえっ、違います」


「今のはっ、、、」




自分の発言のマズさに気付いたチナちゃん。



慌てて取り消そうとするが、



あとの祭り。





方や、ママン。



事前の妄想とはかけ離れた、



保護者としての、


管理不行き届きの恥ずかしさに、



赤面しながら震える事態となったのでした。





そんな微笑ましい光景の、



横を走り抜ける、



フェリーニ






其れに気付き、


心の中でエールを送るキララ





またもや見せ付ける、



もはや長年付き添ったかのような、



心の絆。





リア充爆発しろ、



とは、



言う気も失せる程の、其の間柄。




末長くお幸せに。







そして。






「見せてやるぜ」



「イタリアの伊達男が」



「伊達じゃないってところをな」






フェリーニのこの、



決め台詞。









この後、




私は確かに目撃する。






彼のこの言葉、



其の戦いが、




伊達ではなかったところを。






つづく



にほんブログ村 アニメブログへ
関連記事

theme : ガンダムビルドファイターズ
genre : アニメ・コミック

tag : ガンダムビルドファイターズ第20話 ガンダムビルドファイターズ フェリーニ キララ アイラ ガンダム

comment

Secret

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめアイテム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログランキング参加中
以下をクリックして頂けると幸いですm(_)m
にほんブログ村 アニメブログへ
人気ブログランキング ブログ王

ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。