スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争について

私が好きな作品4位に選んだ本作。
好きな点は以下の通りです。

ガンダムでなくても十分視聴者を魅了できるであろうそのストーリー。
・それがOVA全6話という中だるみのないテンポで良く展開されている。


上記のように、本作のポイントはそのストーリーに尽きます。

一年戦争末期、すでに敗戦が濃厚となっているジオンが連邦の新兵器開発を察知し、奪取のために特殊部隊サイクロプスを派遣することから始まる本作。

主人公のアルはただの少年に過ぎず、他シリーズのようにガンダムに乗って戦うことはありません。
ただ偶然にジオンの兵士達と出会い、純粋な興味でもって触れ合っていきます。

アルと触れ合うジオン兵達は非常に人間味に溢れています。
そしてその中の1人であるバーニィは、それと知らず連邦のテストパイロットのクリスと出会い、淡い恋心を抱くようになります。

少年アルと、互いの立場を知らないだけの、そうでなければ思い合う立場になれたかもしれないバーニィとクリス。
彼らの行く末を戦争という行為が悲劇に導いていきます。

連邦の新兵器奪取に失敗したジオン軍はコロニーの核攻撃を決定。
サイクロプス隊で1人生き残ったバーニィは、コロニーを、アルを守るために、破損したザクでもって絶望的な戦いをガンダムに挑みます。
しかし、後に核攻撃を行う艦隊が連邦に降伏していたことが判明。アルはバーニィにもう戦わなくていいんだと伝えに走りますが...


本作のようなストーリーは、OVAという実験的な事が行いやすい環境のために生まれたものともいえるでしょうが、
初めて富野氏以外が監督を行ったことから生まれたともいえるでしょう。ニュータイプが登場せず、あくまで普通の人間の心と行動から紡がれるそのストーリーは一連の富野作品とは確かに一線を画します。

かつ、本作においてMS群は実にハイレベルなクオリティで描かれているものの、その存在は現代の一兵器に置き換えて問題ありません。
本作の最大のポイントはやはり、戦争という悲しい行為の中、人が人を守ろうとする行為が新たな悲劇を生んでしまうというそのストーリー性にあるのです。

確かに一年戦争の規模に比べればポケットの中のような小さな戦いかもしれません。しかし彼らの思いとその悲しいラストは、ガンダムというキーワードを超えて大きく心に訴えかけるものがあります。

ガンダムではなく、戦争における悲劇をテーマにした映画やドラマのような印象を受ける本作。
特にロボットものに興味のない女性に一度見てみて欲しい作品です。


 


実際に売上的にも成功だったようで、本作のレベルの高さが証明されているといえるでしょう。

theme : ガンダム
genre : アニメ・コミック

tag : 機動戦士ガンダム ガンダム 0080 ポケットの中の戦争

comment

Secret

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめアイテム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログランキング参加中
以下をクリックして頂けると幸いですm(_)m
にほんブログ村 アニメブログへ
人気ブログランキング ブログ王

ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。