スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス反逆のルルーシュR2 最終回感想

コードギアス反逆のルルーシュR2がついに最終回を迎えました。
私はファーストシーズンからずっと見てきたのですが、
最終的な感想としては「頑張って良くまとめたな」です。

張りまくった複線の回収具合や重箱の隅をつつけばいくらでも出てきそうな点とかありますが、これだけ毎週「次回は一体どうなってしまうんだ!?」と先の読めない緊張感のある展開をやり続けてゴールを向かえた事は、素直に賞賛に値すると思います。(エヴァのTV放送時はひどいものでしたからねぇ...)

これが2クールごとにシーズンを分けることで品質の向上に繋がっていたのなら、ガンダム00もそうですけど、今後大作アニメで2クールごとにシーズンを分けるのは私は賛成します。
最終的な品質は大事です。(ファーストシーズンのラストや特別編はずいぶんバタつきましたから、あのまま1年やっていたらどうなっていたことやら)

それにしても最後に主人公が死ぬことで幕を閉じた本作。”ゼロレクイエム”というフレーズが”死”を予感させることから、ネット上でもスザクかルルーシュのどちらかが死ぬのでは?という憶測が飛んでいましたが、ど真ん中直球という、コードギアスとしては珍しい結末で来ましたね。
私は本シリーズの予想外の展開に翻弄される事を楽しみにしていたので、あまり先読みはしないようにしていましたが、さすがにルルーシュが危ないと思っていましたので予想が当たったことに逆に驚きを感じてしまいました。

ただ、最後に直球で終わらせることで、本作はある意味すっきりした後味を残しましたね。
先にも述べましたが、重箱の隅には色々ある本作ですが、ナナリーの、そして自分の居場所を求めていただけのルルーシュが、ナナリーを失ったことで人類の未来について考えるようになり、”ゼロレクイエム”を決意した直後にナナリーの生存が発覚して、最後はそのナナリーの前で敵として命を落とす。
とても悲しい展開と結末ですが、その悲しさとせつなさこそが製作陣の描きたかったことなのかなと、自分では解釈しています。
せめてもの慰めかもしれないけど、最後にナナリーに本心が伝わって良かったね、ルルーシュ。(ナナリーの能力の詳細は不明だけど)

ラグナレクの謎の解明に時間をあまり割かず、人間ドラマ中心で物語を終えたのは私としては正解だと思います。(エヴァも今は再構築の最中ですが、人類補完計画の中身にあまり拘りすぎないで欲しいですね)

とにもかくにも、ファーストシーズンから最後まで、こんなに次の展開が気になってしょうがない作品は自分の中では稀有な存在でした。自分的には十分に名作、傑作の域に入っていると思いますよ。製作陣のみなさんは本当にお疲れ様でした。

最後に、R2での覚醒ジェレミア=ゴッドバルド君。
ファーストシーズンの三枚目っぷりはどこにいってしまったのかというくらいの格好よさ、騎士っぷりですが、本当に最後まで格好よかったじゃないか(笑)
最初からこれだったらヴィレッタが結婚相手に選んだのは扇ではなく君だったろうにね(苦笑)
まあ、全キャラ中、株上げ筆頭だったでしょう。お疲れ様!

  

theme : コードギアス 反逆のルルーシュ
genre : アニメ・コミック

tag : コードギアス 反逆のルルーシュ

プロフィール

いっちゃん

Author:いっちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめアイテム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
ブログランキング参加中
以下をクリックして頂けると幸いですm(_)m
にほんブログ村 アニメブログへ
人気ブログランキング ブログ王

ブログランキング【くつろぐ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。